看護師の妊娠・産休と働き方のヒント

産休中看護師のためのヘルプセンター

妊娠出産後も、仕事を続けるという女性は年々増え続けていて、当時看護師として働いていた私も同じ気持ちでした。そういえば最近、抜群のサポート体制で転職支援金もたっぷりという看護師専門の転職サイトを利用させてもらったのですが、こんなのがその当時にあったらどれだけ違ったことかと考えてしまいました。気になる方はチェックしてみてくださいね。→看護のお仕事で探す
話がずれてしまいましたが、「産休」や「育休」を利用する女性も年々増加の傾向にあるようです。とくに看護師は、産休後、すぐに復職をすることが多いようです。ここでは、女性の権利としての「産休」の紹介から、復職後の仕事の仕方までをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ一覧

産休について

産休について

多くの人が「産休」という言葉は知っていても、その詳しい内容までは知らないようです。しかし、「産休」は、法律で保障された、出産する女性の権利です。知らないままだと、活用することもできません。そこで、ここでは「産休」の意味から詳しい内容の説明や、産休中のお給料事情、ボーナス事情、妊娠が分かってから産休までの詳しい流れなどを、ご紹介しています。詳しく知ることで、正しい知識を身に付け、有意義に活用しましょう。 続きはこちら

看護師の妊娠について

看護師の妊娠について

看護師は一般の仕事をしている人と比べ、妊娠しにくく、流産の危険にさらされているようです。これは、2010年の看護職員の労働実態調査(2万7545人対象)で、流産が11.2%、切迫流産が34.3%という結果が出ていることで良く分かります。看護師の仕事は、人の命に関わる責任の重いもので、そのストレスはとても大きく、業務内容も残業や夜勤がありハードなものです。このため、看護師さんの妊娠にはリスクがとても多いのです。 続きはこちら

看護師の産休について

看護師の産休について

以前であれば、妊娠出産後は、会社を退職し専業主婦になる女性が多くいました。しかし現代では、不況の影響やライフスタイルの多様化によって、出産後も続けて働く女性が増加しています。とくに看護師は、復職する女性が多い傾向にあります。また、「育休」を取ることなく、「産休」があけると、すぐに復職する女性が多いようです。しかし、子育てをしながら仕事をすることはとても大変なことです。そこで、産休明けに看護師が無理せず仕事をする方法をご紹介します。 続きはこちら